三階建ては高さを活かして広く使えるのが魅力ですが、間取りの自由度が高いこともメリットだといえます。ファミリータイプの三階建ては家族が集うリビングを中心に、夫婦と子供の部屋がそれぞれ間取りに含まれます。防犯を考えて一階や二階部分が大人、三階部分が子供部屋という間取りが多いですが、三階建てなので地震などの災害も考えて決める必要があります。ディンクス家庭向けのタイプは、2人で3フロアを共有することができるので広々と使うことが可能ですし、1人あたりの空間が広いのでゆとりを感じます。

部屋や収納スペースなどの自由度が高いので、動線を考えて2人暮らしの夫婦にとって快適な住まいが追求されることが多いです。三階建ては建売だと間取りが決まってしまいますが、日当たりやプライバシーが重要な部屋は大抵の場合、三階に設定されます。一階にカーポートがある三階建て住宅は、二階部分が生活の中心になる部分で、三階が寝室という間取りが主流です。一階は出入り口で一時的に過ごす空間という位置付けなので、トイレなどの設備を除いて部屋の数は限られます。

収納も一階部分に集中することが多いので、逆に二階や三階はあまり物を置かず、空間を大切に利用する家庭が珍しくないです。折角広々と3フロアを使うことができるわけですから、物が増えて圧迫するのは本末転倒ですし、視界に入る物を減らして広く感じる部屋づくりをした方が快適に生活することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です