地価が高くて広い土地が購入しづらい都市部では、狭小地を最大限に活用して三階建ての注文住宅を建築することが珍しくないです。しかし建物が縦長になるので、フロア別の部屋のレイアウトを考えるのはかなり難しいです。しかし狭小地向けの住宅の実例を参考にすると、機能的な間取りを見つけることができます。二階部分にリビングルームを配置するのが、快適に暮らせる狭小地向けの注文住宅を建てる場合の基本です。

そして日当たりの良い三階部分には、家族の寝室を配置するのが一般的です。また三階建て住宅で収納スペースを確保したいときには、屋根裏を上手に活用するという方法があります。三階建て住宅の間取りで悩んでいる場合には、ハウスメーカーと相談するのが理想的です。また展示場には様々なモデルハウスがあるので、機能性を重視した間取りを見つけたいときにも役立ちます。

内部を見学して部屋の広さや天井の高さをチェックすると、施主の要望にマッチしたハウスメーカーを選べます。マイホームを建てるときには子供が小中学生であっても、やがて大学を卒業して就職したり結婚をします。そのために長期的な視点で家づくりをするために、間取りの変更が容易な設計にしたいと考える人も多いです。リフォームしやすい三階建て住宅であれば、子供が独立した後も夫婦だけで快適に暮らせます。

建物の耐久性にもこだわることで、災害のリスクを小さくしたうえで永住できるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です