三階建ての住宅を建てる時のおしゃれな間取り設計は、一階部分は、大半が車を駐車できるガレージにして、二階・三階は住居スペースにするのが一般的です。二階・三階には必要な家具以外は極力置くことはしないほうが広くスペースを使うことができます。二階にキッチンスペースを確保したい気持ちはわかりますが、おしゃれな間取りとなると、三階にキッチンを置いたほうが、リビングやダイニングスペースを広く使うことができるのでおすすめです。配管の長さを極力短くするために、二階にトイレや洗面所お風呂など設置すると、配管工事の料金をお安くすることができます。

敷地が狭い時にはダイニング兼リビングルームを作り、大きなバルコニーを作ることで、おしゃれさを感じられます。三階なので窓を開けて置いても周りから見られることはないので、家族みんなでくつろぐスペースは三階がおすすめです。敷地がある程度広い時には、一階部分にはガレージを作るだけでなく、親子二世帯の住宅を作ることもできます。三階建ての住宅では一階にガレージを2台分確保して、一階と二階にキッチンを作ることができるのです。

トイレやバスルームも一階と二階に作り、子供夫婦がプライベートな生活ができるような間取りにすることが大切です。一階と二階の壁の色を変えるとおしゃれな感じになります。屋根をフラットな状態にすることができれば、屋上でガーデニングを楽しむことができるのです。道路斜線などで屋根を斜めにしないといけない時には、三階部分を寝室にすることで、斜めの狭いスペースでも有効活用することができます。

三階建ての住宅は考えようによってはおしゃれな住宅をいくつでも考えることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です