土地が狭くても部屋の数を確保できるため、都心では三階建ての間取りが人気を集めています。三階建てにすることで、リビングを明るい日差しが入る二階にしたりすることができます。2階にリビングをおくと、外の道路から覗かれにくくプライバシーも守れるのでお勧めです。寝室は2階もしくは3階で、日当たりがよく外から覗かれにくい場所が好まれます。

3階なら見晴らしも良いので、最上階にしているという家も少なくありません。バスやトイレは、リビングのある階にしておくと家事を行うときに楽なのでお勧めです。三階建ての間取りで気を付けたいのは、各階にトイレを作っておくことです。例えば1階にしかないとなると、寝室から毎回下まで降りなくてはいけません。

各階に作っておくか、少なくとも2つの階にあったほうが便利です。もし二世帯住宅にしたいのであれば、一階と二階にキッチンと作る間取りが人気です。例えば、親子で二世帯住宅なら一階の低層の部分を高齢の両親が利用します。部屋を多く広くできるため三階建ては人気ですが、建てるときには第一種低層住居専用地域かどうか確認するようにして下さい。

第一種低層住居専用地域などでは、一定の高さ以上の建物を建てることができません。第二種中高層住居専用地域であれば、通常の三階建てを無理なく建てることができます。ただ、一般的な住宅街の場合はあまり高すぎる建物は迷惑になる可能性があるので注意が必要です。不安な時は、建築家など専門家に相談しておくと安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です